「淡窓旧宅」保存整備委員会の開催

令和2年度 国指定史跡 「廣瀬淡窓旧宅及び墓」保存整備委員会が開催されました

 

 「淡窓旧宅」修理・修復に伴い、本資料館は休館中です。皆様方には大変ご迷惑をおかけしております。

修理・修復作業に入り、12月で2年間なろうとしています。途中、ホ-ムペ-ジで作業の経過をお知らせいたしました。

今回は、8月4日に開催された保存整備委員会の様子について、お知らせします。

保存整備委員会は、国指定史跡「廣瀬淡窓旧宅及び墓」の保存整備事業の実施に関して、技術的、学術的諸課題について検討する          ことを目的とするものです。

保存整備委員会は、委員6名、事業指導2名をもつて組織されています。8月4日は、午前10時から午後2時まで、作業の進捗状況を

一か所ずつ丁寧に検証しました。

午後3時より場所を変えて、調査した個所の一つ一つについて成果と課題を明確にしていきました。

以下、現場検証の様子についてお知らせします。

重点個所を一つ一つ検証していきました

 

文久年間の吊り戸について確認しています

 

2階は計画通り進行していました

 

重要箇所では、熱心な意見交換がされました

 

現場検証後の、話し合いでは委員の方々から、熱心な意見が出されました。工事を進めていく中で、色々な支障が見つかり工事期間を

1年間延長せざるを得ないことも了承されました。工事の終了は令和4年12月。館のオ-プンは、令和5年2月の予定です。

 

皆様方には、建物の進捗状況について随時ホ-ムペ-ジでお知らせいたします。今後とも宜しく御願い致します。

2020年8月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hiroseshiryoukan

資料公開に向けての第一歩!

二百年の時空を超えて貴重な史料が公開される大プロジェクト!

只今、当資料館は令和の大改修で休館中です。皆様方には多大なるご迷惑をおかけしております。今回の修理・修復は令和4年度中には終了し、令和5年当初に新装オ-プンします。

 修理・修復中ではありますが、資料館内の先賢文庫に多数ある史料を撮影する作業を行います。この先賢文庫は、廣瀬家第10代当主の廣瀬正雄氏が建立しました。廣瀬家が、江戸期より現在まで収集・作成した貴重な史料が整理され所蔵されています。史料を大別すると、「家宝文書」「廣瀬家文書」「廣瀬家蔵書」「咸宜園蔵書」に分けられます。総数は、10万点を超えます。

 この中で、今回撮影されデジタル公開されるのは「家宝文書」で、淡窓、久兵衛など主に『廣瀬八賢人(淡窓・久兵衛・月化・桃秋・秋子・旭荘・青邨・林外)』に関わるものです。「家宝文書」については、一昨年廣瀬家第11代当主廣瀬貞雄氏(令和2年2月7日没)が刊行した「廣瀬先賢文庫家宝書詳細目録」に詳細にまとめられています。

 今回、大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館(以下国文研)の協力・支援により「家宝文書」の画像デ-タを作成することにしました。終了後にはデ-タ-ベ-スで公開も可能になります。

 国文研の先生方には何度となく本館に足を運んでいただき、詳細な打ち合わせをしました。今回は、先賢文庫内での資料調査や器具の設置についてお知らせします。尚、作業の経過については本館ホ-ムペ-ジで随時お知らせしていきます。

 

〇先賢文庫内での史料の調査の様子

上写真 先賢文庫内で資料調査をする国文研の先生方

  上写真 一点一点ていねいに作業を進めています

 

   上写真 撮影器具の設置が進みます

上写真 デ-タ-化には精密な機械が必要

上写真 設置完了です。

 

本格的な撮影作業は、4月8日からです。途中経過については随時ホ-ムペ-ジで公開していきます。

 

2020年3月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hiroseshiryoukan

新年の御挨拶と経過報告

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、主屋修理・修復につき、資料館を休館させていただき、皆様方には大変ご迷惑をおかけしました。お陰で、工事も順調に進み、

昨年12月から本設計に沿って本格工事にはいりました。建物自体、天保・安政年間のもので、随所に痛みが見られ、工事も丁寧に進めら れております。

 令和4年4月には、ニュ-資料館として皆様方をお迎えできます。ご期待ください。

 尚、資料館事務は継続しております。今年から、国文学研究資料館の指導の下、当館蔵書のデジタル化を3年計画で行います。

皆様方には、色々と御迷惑をおかけしますが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

令和 2年 1月 吉日

                      公益財団法人 廣瀬資料館

                              理事長   廣瀬 貞雄

                               館 長   中島 龍磨

 

 

〇工事の進捗状況  

本宅屋根部分は、全て覆いかぶされています

 

座敷部分は、壁・床などすべて取り払いました

 

丁寧な作業が続きます。この箇所は、当時のカマドが復元されます

 

 以降、定期的に修理・修復の進捗状況をお知らせいたします。

 

 

 

2020年1月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hiroseshiryoukan