廣瀬家時代びな展示中!

天領日田おひなまつり開催!資料館にも多数の時代びな展示中!

天領日田の町では春の訪れをつげる、恒例の「おひなまつり」が開催されています。「おひなまつり」も回数を重ね今年で41回目を迎えました。本館も修理・修復工事で5年間展示を取りやめておりましたが、館も新装し今年は久々に「ひなまつり」の輪に加えさせていただきました。「おひなまつり」は、2月15日~3月31日の間に日田の豆田町、隈町一帯で開催されています。旧家が保存しているそれぞれ特色ある「ひな人形」を展示し公開しています。当館では、この期間中本来の「廣瀬淡窓」や「廣瀬久兵衛」の展示に加えて、各所にコ-ナ-を設けて、特色ある時代びなを展示しています。皆様方のご来館をお待ちしています。以下、展示の一部をご紹介します。

特色ある時代びなを一同に展示したコ-ナ-です。一体一体に特色といわれがあります。

最上段は当館で最も古い「元禄びな」 中段は優雅な「鯛釣り女(たいつりめ)」 下段の「飾りの島台(かざりのしまだい)」にはドラマがあります。

「享保びな」の展示です。「享保びな」は、顔を「胡粉(ごふん)」仕上げにして体型も大きくなります。

面屋省三の作品「御所人形」です。とても愛らしく、見る人の心を穏やかにしてくれます。

「神功皇后(左じんぐうこうごう)」と赤子(後の応神天皇)を抱く「武内宿禰(右たけうちのすくね)」です。この一対の人形のドラマを来館してお聞きください

中国「三国志」に登場する英雄「張飛(左ひょうひ)」と「関羽(右かんう)」の人形です。三国志のドラマが垣間見られます。

「竹串おきあげびな」の展示です。久留米から筑後川上流域ではやった庶民の「ひな人形」です。成り立ちの歴史をぜひお聞きください。

「羽子板ひな人形」の展示です。羽根つきでだけでなく、板の「ひな人形」の歴史から羽子板を見直すことをお勧めします

皆様のご来館をお待ちしております。ご来館の折には、「ご説明をお願いします」と気軽に声をかけてください。館長や学芸員がご説明いたします。「1時間でお願いします」とか「30分でお願いします」時間のない方は「15分でお願いします」など予定をお知らせしていただくと有難いです。時間に合わせて満足していただける設定をして対応します。

2024年2月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hiroseshiryoukan

新年のあいさつ

新年あけまして おめでとうございます!!

旧年中は、皆様方には色々とご支援・ご協力をいただき誠に有り難うございました。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。本館は、昨年4月に4年間という長い修理・修復工事が完了し、リニューアルオープンしました。展示内容も一新し、加えて今まで未公開だった主屋座敷(おもやざしき)も公開し江戸の終わりの商家の雰囲気も感じて頂いております。リニューアルの周知が徹底していなかったにもかかわらず、4000人を超える来館者がありました。私たち職員一同誠意おもてなしをさせて頂きました。来館者の方々からも、「とても満足した」「わかりやすかった」「又是非訪れたい」等々・・・の心温まる感想をいただきました。とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。引き続き、工夫を加え、展示や説明に頑張りたいと考えています。

令和6年1月1日 廣瀬家家訓の額「心高身低(しんこうしんてい)」の前にて 館長 中島龍磨    

廣瀬家は、延宝3年(1673)福岡から日田に移り住み商売を始めます。そして、平素より『志は高く 身は低く(心高身低)』という家訓を大切にしてきました。途中、紆余曲折はありましたが、この家訓を350年間貫き通し、今日に至っています。廣瀬家では、江戸の後期日本一と言われた私塾「咸宜園(かんぎえん)」を営んだ廣瀬淡窓や大商人・公共事業家として西日本で名前を広めた廣瀬久兵衛を輩出します。活躍したこの二人の心底にも、家訓は脈々と流れていました。年頭にあたり、家訓「心高身低」をご紹介しました。私たち職員一同、この言葉を肝に銘じ一年間精進していく覚悟です。今年から機会を設けて、廣瀬家の家訓や淡窓の言葉をホームページで紹介していきます。

以下、昨年の資料館の一コマをご紹介します。

1号館「淡窓展示コ-ナ-」で熱心にメモを取る市内の小学6年生

館長の十八番「休道の詩」の吟詠(ぎんえい)は、毎回来館者の心に響きました。

「久兵衛コーナー」で、館長の説明に熱心に聞き入る来館者。

館長が語る、南家「流れの庭」の廣瀬久兵衛のロマンは、大人はもちろん、子どもも感動しました。

主屋「中座敷」に掲示した、家訓「心高身低」の講話は子どもたちにも大人気でした。

児童の皆さんは、決まって本宅「中庭庭園」前で反省会をしていました。実りのある1日になったようです。

来館された方は、小学生、中学生、老人会、公民館講座の方々、研修旅行・慰安旅行の団体から、個人のグル-プと様々でした。どの方々も、淡窓や久兵衛の展示物や解説を聞いて、感動してました。帰り際に、ふと漏らす言葉の中に「初めて知ったよ」とか「とても素晴らしかったよ」というのが多々ありました。そんな中で、「また是非きます」という一番うれしい言葉がありました。

2月3月は、お雛様祭りが資料館一帯で開催されます。今その下準備をしています。今年のお雛様の展示は、今まで以上の規模と内容にしようと計画を立てております。家族、お友達、職場の方々を誘いの上、是非おいでください。お待ち申し上げます。

2024年1月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hiroseshiryoukan